23 January 2015

for the next time



落胆、、ショック。これほど明確にショックを感じたことない。
フェデラー3回戦負け、、
何度かフェデラーのことをここで書いたけど、今日はさらに長くなると思う。予感がする。
ショックすぎる、、マンボウだったらショック死してる、太宰治でも自殺してたかもしれない。
あれは、2005〜2008年くらかな。フェデラーがほんとど負けず、断トツで強かったのは。
気づくのが遅すぎた、、僕はこんなにフェデラーが好きだったんだ!
一昨年くらいからかなwowowoとケーブルテレビはいってフェデラーの試合を追い始めたのは。
一昨年はだいぶ負けてランキングも落ちて、観るといつも負けちゃう、、
それでも好きだから応援したくて観たくて。でも負けて欲しくないから敢えて見ないで
結果を知ってから、勝ったのを確認してから録画を観てた。
昨年は調子が良くて嬉しくて。それでもまだ信じきれなくて。録画。
でも昨年の中盤から年末のファイナルのトキの強さといったらもう、、
修造さんがコートが宇宙だと言っていたけど、まさにそのとうりでした。
なんと言っても美しすぎる。『すぎる』が最も意味を持つ例の一つだと思う。
何かの記事で読んだけど『神の傑作』と。たまにはいい記事もあるもんだと感心したのを覚えてます。
いや、フェデラーに対しては誰もが賞賛すぎるほどの賛辞を述べてる。
年明けの大会も優勝してたし、負けないだろうと。今日は休みだし、朝から楽しみで。
部屋も掃除して、部屋暖かくして。万全の体制で試合を観ようと。
すると、どうだ!フェデラー調子悪い、、フォアーが当たらない、、
調子悪い時のフェデラー。まただ、、ジンクス。僕が見てるから負けるんじゃないかと本気でそう思った。
だから途中で観るの止めてた。隣の部屋から見たり、音だけ聞いたり。
アメリカ文学だったらもう同性愛の部類だ。途中追いついてきた、、しかし結果負けた、、
確かに相手も調子良かったけど。
ホントに悲しい。今年の僕の全豪オープンは終わった。
wowowoも解約した。2/1の決勝戦が観れなくてもかまわない。もういい。
いろいろ考えてみると僕の父も僕や弟が負けそうになると試合を見なかったことを思い出した。
こんな気持ちだったのかな。でも、僕はそれが凄く辛かった。試合中気づくものです。
あれ?いない。って。だから弟の試合は負けてても最後まで観てあげてください。
って話ししたのも覚えてる。まあ、弟はほとんど負けなかったけど、、
だから僕も最後までフェデラーの試合観ることにした。これからは追いかけて録画じゃなくてLIVEで応援する。
最後まで観る。勇気がでた!フェデラーありがとう。

eto