08 January 2014

永遠のゼロを観に行こうと思ったら満員で、代わりに観てきました。9割女子でした、、
実際にあったハリウッドセレブの家を狙った5人の少女達の窃盗事件を映画化。
面白かったです。皮肉皮肉品肉で。なんというアイロニー。
『パリス・ヒルトンの靴でかい〜』とか笑っちゃたし。たしか28cm?だったかな。
エマのお母さんの役も変で面白かった。
エンディングの曲もフランク・オーシャンのsuper richi kidsだったのも良いですね。
もう一度観たいとは思わないけど、エマ・ワトソン可愛いし時間も短いし退屈しなかったです。
似たような若い女の子による犯罪をテーマにした
ハーモニー・コリン監督のスプリグブレイカーズも最近観ましたが、
全く面白くなかった。
主演の女の子も含め物語全部がゆるゆるすぎて、、下品だし、、
何回途中で辞めようかと思ったことか、、
しかし、最近の大学生は春休みにこんなパーティーやってるのか?
最高最高。是非行ってみたい。
あと、ジャームス・フランコのラップと中盤のブリトニー・スピアーズのeverytimeを
ジェームズ・フランコがピアノで弾き語りして皆で踊るシーンは必見!凄く笑いました。
これコメディーなんですね。何回もスプリングブレイーカーズって連呼してるし。
ハーモニーコリンの映画ってところどころは好きなんだけど、全体を観ると面白くないという感想。

eto