19 December 2013

黒沢とラスプーチン

黒沢復活。新黒沢最強伝説。
これを機に前編黒沢最強伝説を読み返しましたがやっぱり凄く面白い。
福本伸行の漫画の中で1番好きです。
憂国のラスプーチン。
もともと、ロシアを崩壊に導いた怪僧ラスプーチンに興味があって
関連の本を少しだけ読んだ事があったのですが
日本でも昔『外務省のラスプーチン』と呼ばれた男がいるそうで、
それがこの漫画の原作者佐藤優。眼光凄いです。威圧感。
偶然にも何も知らないでこの人の本を読んだことがありそのご縁でここに流れてきました。
興味深い内容です。面白い。でもやっぱこの人の書いてる本の方が面白いかな。



『魔女と呼ばれた少女』
2013アカデミー外国語賞ノミネート作品。コンゴ共和国。終わらない紛争問題。
少年兵。亡霊が見える事により魔女と呼ばれ戦争に勝利していく少女。
自らの運命に気づき恋仲の少年と逃避するが、、
魔女や幽霊、悲惨すぎる非現実に矛盾してリアルすぎる恐怖。
どことなくファンタジー。プロポーズの仕方もピュアでストレートです。思わず微笑んでしまいます。唯一の救い。そんな映画です。難しい。。
観たい映画たくさんある。時間あったら週末映画館にいこう。
雪も降ったのかなぁ。寒い。断食二日目。現実。空腹。

eto