13 March 2013

amour

『愛、アムール』
音楽家の老夫婦。病により倒れた妻を献身的に支えていくのだが、、
アカデミー外国語賞受賞。カンヌパルムドール受賞。
ミヒャエル・ハケネ監督。凄く好きな監督。
この監督の『ピアニスト』って映画がベスト5にはいるくらい大好きなんです。
僕は楽しいんだけど、気味悪くて後味悪い変な映画ばっかり撮ってる監督だから
今回もどこぞというところで、そういう場面を期待してたら全然違った。

残酷でリアル。淡々と黙々と。
また役者の人達が素晴らしすぎて他人事とは思えてこない。
そして、やっぱこの監督は凄い。手腕。演出の巧みさ。やはり意地が悪い。
下手すりゃ退屈で仕方がないからこそ現実味が溢れてました。
家族のことを考えざるを得ない。2回見る事はないだろうけど滲みました。

eto